女性のひげはピルのせい?

女性のひげはピルのせい?

女性でピルを飲んでいるのは不妊目的だけでない場合はほとんどですよね。
生理不順を改善する。生理痛や頭痛を治すなど色んな効果が期待できるピルですが、ひげが濃くなるという報告もあるそうです。

 

それはひげがホルモンと関係しているからだと思いますが、女性が普通にピルを摂取していて、ひげが生えるというのは、ピルだけのせいではないと思います。
ピルもその原因のひとつかもしれませんが、社会で活躍する女性がストレスを蓄積してホルモンバランスを崩すことにより、生えてくるひげだってあります。

 

だから、ピルを飲むのをやめたからといって、すぐに女性のひげがなくなるとは思わない方が良いですよ。
それよりも、ピルを飲むことでホルモン調整し、つらい症状を緩和しつつ、ひげはひげで別の対策をするのが賢い女性の対策法ではないでしょうか?

 

ピルの話に戻りますが、
一般的には「ピルを服用すると体毛が薄くなる」と認識されているようですが必ずしもそうではありません。
反対に服用で濃くなることもあります。あるいは体毛には全く変化が表われないこともあるそうです。

 

このようにたとえ同じピルを服用していたとしても副作用に違いがみられます。
女性の身体には女性ホルモンだけでなく男性ホルモンもわずかに分泌されています。

 

女性の髭・体毛が濃くなる原因はこの男性ホルモンが影響していることを先ほど紹介した記事の中でも書いています。
普段は黄体ホルモンによって男性ホルモンの量は制御されていますがバランスが崩れて黄体ホルモンが少なくなり男性ホルモンが多くなることがあります。
もちろんピルの服用がその原因にもなり得ます。

 

つまりピルの影響で体毛が濃くなるのは以下のパターンのうちどちらかです。
ピルによる黄体ホルモンの抑制
ピルに内在する男性ホルモンの影響
上記二つの理由から、ひげが濃くなる女性と薄くなる女性、もしくはひげに何ら影響の出ない女性がいるのです。

 

むずかしいですが、ピルが本当に必要な方は引き続き飲み続けなければなりません。
その上で、ひげが生えてきたら対処するという方法しかありません。

 

でも、本来ひげが生えるのは、過度なストレス、不規則な生活、急なダイエットなど、体を酷使した場合です。
すでにピルを飲んで、自分のホルモン調整をちゃんと考えている女性であれば、上記のような状況も、症状に関係すると思われ、ちゃんと管理しているのではないでしょうか?

 

それなら、あまりひげを気にすることはないかもしれませんね。
ピルのせいでひげや体毛が濃くなった場合には、婦人科の先生に相談をして、エストロゲンが分泌されるようなものにかえてもらうのが良いと思います。

 

⇒女性のひげ用クリームがあるって知ってましたか?