顔脱毛期間に注意すること

顔脱毛期間に注意すること

顔脱毛をすると、エステサロンでも医療機関(美容外科クリニック)でも一定時間冷却をしてくれます。それはお肌に照射したレーザーや光によって一時的に熱くなった肌を冷やして、炎症をおさえています。それ以外にも、顔脱毛を継続している期間に注意することがあります。顔産毛期間は肌が敏感肌になっていると思ってくださいということですね。

 

まず、顔脱毛直前はお肌がちゃんと整えられた状態で、顔脱毛直後には非常にデリケートになっているお肌ですから、ダメージを与えないようにしてください。顔脱毛後にひかえた方がいいのは当然ですが、日焼けです。日焼けするというよりも、すぐにシミになると思います。

 

そして物理的にこするなどの摩擦やマッサージ。そして運動なのです。運動ってあまり顔脱毛に関係ない気がしませんか?でも顔脱毛した後には運動は控えた方がいいのです。これはエステサロンなどにも記載があると思いますが、理由は汗をかくことが問題なのです。

 

光脱毛でも、レーザー脱毛でも、毛穴に光や熱を与えることで毛根を破壊し脱毛することはすでにご存じですよね?そのため、脱毛後は皮膚に熱がこもっており、非常にデリケートな状態になっています。

 

わかりやすくいえば、肌が軽く火傷を負った状態になっているので、肌に「赤み」や「かゆみ」が出やすくなっています。それを防ぐために、多くのお店では肌を冷やしながら施術をしたり、脱毛後に冷却ジェルなどで肌を冷やしたりしてくれます。そして保湿もしてくれますし、自分でもなるべく刺激の少ない成分の化粧品で保湿をお願いしていると思うのです。せっかく冷やしたのに運動をして体を温めてしまったら意味がないですよね。

 

つまり、脱毛後の運動を禁止する理由は、運動することで血行が良くなって体温が上昇し、赤みかゆみなどの肌トラブルの発生や悪化を防ぐためなのです。運動をすると汗をかきますが、汗をかいた状態は雑菌が繁殖しやすくなります。それから汗を拭きとる行為は肌摩擦につながりますよね。一番やってはいけないことなのです。

 

上記の理由から顔脱毛当日は運動をしてはいけないのです。上記以外でも、バスタブに入っての入浴や、サウナや飲酒なども禁止されています。

 

運動以外の注意事項もあるので、しっかりチェックしてから、脱毛の施術日を決めましょう。万が一、皮膚が炎症を起こしたり、汗によって雑菌が繁殖した顔面上に何等かの不具合が生じた場合には、皮膚科へ通院することになってしまいます。もし、大丈夫かどうかご不安な時は必ずお店に確認し、脱毛後の運動は極力控えましょう。

 

⇒脱毛よりも手軽な顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?