ひげを剃る女性

ひげを剃る女性

ひげを剃る女性とは?
それはひげが生えていて、放置しておけないぐらい生えてしまっていて、剃る処理をしている女性のことです。
女性の口周りやあご、ひたい、もみあげなどの産毛が産毛でなくなってきていてひげのようになっている女性をご存知ですか?

 

電車でも会社でもそんな人を見たことがないと思っている男性も多いかもしれませんね。
でも、それは、ちゃんとその女性が社会人としてひげを剃るという処理をしているからですね。

 

自己処理なのか、永久脱毛なのかは不明ですが、口周りの産毛が濃くなってひげになると、なんだか口周りが黒ずんで見えて昔の泥棒みたいに見えますよね。
だから、ひげになる前に産毛であるうちに処理するのが一番なのです。(剃るも含めてです。)
では、どうやって剃る?処理する?が問題になってきますよね。

 

もちろん経済的にも時間にも余裕のある女性は有名なクリニックに行って、医療脱毛すれば永久に生えてこなくなります。
少々高額ですが、医療脱毛は、医師免許のある人が開業しているクリニックですから、敏感肌やアトピー性皮膚炎の人なども、相談した上で施術が始められますよ。

 

回数はクリニックによって、本人の肌の強さ、産毛、ひげの濃さにもよるそうですが、毛の生える周期にあわせて通わないとダメなので、本当に時間のある人に限られます。
しかも、更年期になったら、さらに女性ホルモンが減り、またひげ生えてくる可能性もありますので、これで一生医療脱毛とはさよならとはならないかも知れません。
もう1つも時間とお金に余裕のある人用ですが、エステでの半永久脱毛です。

 

こちらはプロのエステティシャンが施術するために、永久脱毛とはならないそうです。
いつか数年後か数十年後かにまた毛が生えてきても仕方がないという種類の施術だそうです。

 

でも、医療脱毛より少し安いですし、店舗も大都市ならたくさんあるので、会社帰りに通うということもできますよね。

 

次に、医療脱毛やエステサロンにはいけないという方はどうしたらよいのでしょうか?
電器シェーバーでひげを自己処理をする。

 

口周りでも、顔専用のシェーバーが出てきていますので、優しくひげを剃ることが可能です。その上で、抑毛効果のあるクリームやローションをたっぷり塗って次に生えてくる毛を細くして、薄くして、弱くしてしまいましょう。このクリームやローションは身体用、顔用と色々タイプがありますので、口周りの濃い産毛やひげを想定している女性は顔用を探してみてくださいね。

 

⇒産毛用のクリームについてもっと知りたい方はこちら